• HOME
  • その他
  • 【2021年】【持たない時代へ】風の時代とは?何が変わる?

【2021年】【持たない時代へ】風の時代とは?何が変わる?

その他

「風の時代」が来た

最近、「風の時代」という言葉をよく耳にしませんか?

もともとは西洋占星術から来た概念でした。

最近ではそういったことに詳しい占い好きの方やスピリチュアル好きの方だけでなく、一般の方まで広く浸透しつつある言葉になっています。

「風の時代」とは一体なんなのか?

また、「風の時代」になることで何が変わるのか?


この記事で詳しく説明していきます。

風の時代とは?

この「風の時代」について理解するには、まず「グレートコンジャンクション」という概念を知る必要があります

by Unsplash

「グレートコンジャンクション」とは、木星と土星が大接近する現象のことをいい、これは約20年に1度起きると言われています。

これまで約200年もの間、グレートコンジャンクションは牡牛座・乙女座・山羊座のいわゆる「土の星座」において起きていました

しかし、2020年12月22日のグレートコンジャンクションは双子座・天秤座・水瓶座のいわゆる「風の星座」で起きたのです

そのため、2021年からは「風の時代」が到来したと言われるようになりました。

これまで200年も続いた「地の時代」が終わり、「風の時代」がやってきたのです。そう考えると、2020年12月22日をきっかけにものすごいパラダイムシフトが起こったといえます。

では、「地の時代」から「風の時代」になり私たちの生活は何が変化するのでしょうか?

「地の時代」から「風の時代」になって変わること

「地の時代」とは、簡単に言うと
物質的な豊かさ、目に見える豊かさが重視される時代
でした。

by Unsplash

言い換えると、何かを所有したり、名誉ある地位にいることが大切とされた時代です。何か高い物を持ったり、いい会社を勤め上げたりする事がいいこととされる時代が続いていました。

一方、「風の時代」とは
目に見えない豊かさが重視される時代です。

by Unsplash

所有ではなく共有が大切とされ、また安定ではなく革新が重要視されます。
物質ではなく体験や情報、人とのつながりが大切とされ、お金至上主義の世界からあくまでどんな価値を手に入れるか・持っているかが重視される時代へと変わっていきます

また、これまでのブランド思考から、本当に自分がいいと思うものを大切にする時代に変化していくでしょう。
会社や学歴といった社会的地位を表すものから、洋服やアクセサリーなど身に着けるものまで、みんながいいとするブランドよりも自分の「好き」を大切にする時代へと変わります。
ハンドメイド商品の販売アプリや、クリエイターが好きに物を作って売れるアプリが発達してきたのはそういった時代の変化を反映しているのかもしれませんね。

最近では車を持たず、みんなでシェアする「カーシェア」や自転車のシェアの普及しつつあり、また働き方も「一つの会社を勤め上げること」からフリーランスとして働く働き方に変わりつつあるのも、時代の変化を象徴する一つの動きなのでしょう。

情報を重視する「風の時代」に変化したことから、これまで以上に情報を追いかけることが大切になってきます。常に時代の流れを見逃さないよう、情報のアップデートも意識して行なっていくことが大切でしょう。

自分をアップデートしよう

by Unsplash

「風の時代」という概念自体はそれほど知らなくても、敏感な方の中にはなんとなくこういった時代の変化をすでに感じ取っていた方もいらっしゃるかもしれません。

これまで「持つ」ことやお金に執着していた方はとても多いでしょう。そういう時代だったのですから、皆がそういったことを追い求めて「良い」とする風潮だったのです。

しかし、これからは「持たない」時代です「持つこと」より「知ること」。見えない豊かさを追求する時代になりました

感染症の流行などによって激動の時代となった2020年。自分と向き合う時間やこれまでと違う日常生活を送る中で、自分の中で大きな価値観の変化が起きた方も多いでしょう。

2021年はさらに自分をアップデートする時代です。

ぜひ、「風の時代」の到来とともに、「目に見えないものを大切にする」ことについて自分の中で今一度考えを深め、自分自身をアップデートしてみませんか?

万理華

神戸出身。法律家・占い師。法律家と占い師の顔を持つ作家。 学校で占いを学び、対面占い、メール占いとしてデビュー活動後、現在はチャット占いを中心に活躍中。累計...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧